2013年06月05日

足のにおい解消に靴の中敷き『菌ピタ君』

足のにおい解消に靴の中敷き『菌ピタ君』という靴の中敷を知っていますか?このブログでは人気の『菌ピタ君』をご紹介していきます。

人気の理由は何と言っても、これからの時期、靴を脱いでも足の臭いが気にならないということです。
活性ケイ酸という強い抗菌力をもつ物質を含んでいる竹炭を使った靴の中敷きです。

足のにおい解消に靴の中敷き『菌ピタ君』が
通常価格7,938円から12%オフ!今なら966円お買い得です。
20.5cm〜29cmまで9種類。
履かれている靴のサイズでお選び下さい。

炭の表面にある無数の穴が湿気、汚れ、臭いのもとを吸着。靴の中はいつも快適な環境。
経済的です。大体一枚で6ヶ月程度使えます。足のにおい解消に靴の中敷き『菌ピタ君』は定期的に天日干しをされると長持ちします。1日使用したら、2日は天日干しをしたりして使用を休んで下さい。そのためにも4足セットを特別価格で当ショップは販売しています。
4足で約2年程度、快適に使えます。
1日あたりに換算すると
6,972円÷730日(2年)=約10円

量販店で販売されている消臭中敷きより、断然お得なんですよ。

足のにおい解消に靴の中敷き『菌ピタ君』をもっと詳しく見るにはこちらからどうぞ
posted by 河内山 at 14:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

涼感寝具 そよそよのご紹介

日刊工業新聞にも掲載、2013年3月に発売されたアテックスの最新の快眠補助マット「涼感寝具 そよそよ」です。
大人気のエアコンマットSOYOがメジャー改良されたんですよ。

「涼感寝具 そよそよ」を知っていますか?
人気のエアコンマット SOYOがメジャー改良。アテックスから発売された快眠補助マット。2013年3月に日刊工業新聞にも掲載されてました。

エアコンマット SOYOと涼感寝具 そよそよとの違いは何かを調査していきます。
エアコンマットSOYO、涼感寝具 そよそよとも搭載している小型のファンでメッシュ素材のマット内を空気が流れるという快眠補助マット。

・ファンの位置が変わって静かに
エアコンマットSOYOではマットの中の空気を吸い出す方式でしたが、涼感寝具 そよそよでは空気をマットの中へ送り込むようになっています。そのため小型ファンは、空気を排出する方法から吸入する方法へと機能が変更しています。この方が確かにファンの音も抑えられているようです。

・性能アップ
ファンの定格消費電力も最大2Wから3Wへ変更されていますので、吸い込む風量能力もアップ。大量の空気がマットの中を流れていくようです。エアコンマットSOYOでは風の排出はメッシュ素材の孔部とファン本体でしたが、涼感寝具 そよそよではハーフサイズには2箇所、シングルサイズに4箇所の排出孔がつくられています。
エアコンマットSOYOは草原での眠りをイメージとして売っていましたが、涼感寝具 そよそよの方が近いのでは?と思います。

・さらにひんやり
高分子ゲル素材のウォータージェルつきです。冷蔵庫で冷やしておけば、寝る前に簡単に取り付けられます。ひんやり感がエアコンマットSOYOに比べ、さらにアップ。真夏の熱帯夜でも快適な眠りの環境がキープできそうです。

・アロマで癒しながら
アロマオイルを楽しめる専用カートリッジが付属していますので、寝つかれずイライラも軽減されるのではないでしょうか。


ATEX(アテックス) 涼感寝具 そよそよ ハーフ AX-HM1221Hをもっと詳しく見るにはこちらから
posted by 河内山 at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涼感寝具 そよそよのメーカーを紹介します

涼感寝具 そよそよのメーカーである株式会社アテックスを紹介します。

株式会社アテックスは大阪府大阪市に本社がある、健康機器などの商品企画・開発・製造及び輸入販売をしている会社です。
大阪と言えば吉本興業をすぐに思い起こしますが、健康機器のメーカーの会社もあるんですね。
創業は1992年。日本ではバルセロナオリンピックで14歳だった岩崎恭子さんが平泳ぎ200メートルで金メダルを獲得し大熱狂していた頃にできた会社なんですね。

主な商品はルルドシリーズもマッサージ機、エアコンマットSOYO、電位治療器イオネスなどの健康機能寝具です。商品に一貫してワンランク上のライフスタイルというテーマがありますね。

月刊女性誌などのメディアにも数多く掲載されています。
最近はルルドマッサージクッションのコマーシャルをテレビでよくみますね。

株式会社アテックス社のご紹介でした。
posted by 河内山 at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。